まいこ の特徴

  • 根こぶ病にも強い黄芯系晩抽ミニ白菜。
  • 球高20㎝前後、球径10~13㎝と使いきりサイズ。
  • 一般種に比べ矮性に育ち、胴張り・尻張りのよい早生種。
  • 球は艶のある緑色で堅く締まり、球内色鮮やかで、ミニ白菜としては耐寒性・晩抽性に優れ裂球も遅く長期間にわたり収穫できる。
  • 通常の白菜に比べ小型のため密植栽培が可能。
  • 隣の株の外葉が覆わないよう株間30㎝×25㎝程度が適当だが、広めに設定することによって一層立派に仕上がり、よく締まったミニ白菜を収穫できる。
  • 一般平暖地では8月中旬~9月中旬まきで10月下旬~1月まで収穫できるが9月まきで11月下旬からの収穫がおすすめ。
  • また、春まきによる4~5月どりも可能。
  • ※根こぶ病は、地域により菌種(レース)が異なる場合があり、発病することがあるかもしれません。予め御承知置き下さい。

播種

1月上旬 2月上旬 8月下旬 9月上旬 9月中旬 9月下旬

収穫

4月中旬 4月下旬 5月上旬 5月中旬 10月下旬 11月上旬 11月中旬 11月下旬 12月上旬 12月中旬 12月下旬

まいこ の栽培表

栽培表:まいこ

栽培表の凡例 栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。