華黄 の特徴

  • 生理障害にも強く作りやすい黄芯系白菜11月~1月どりの中早生種。
  • 外葉色は特に濃緑で葉面の波うちも少なく、やや立性に生育し、各種病害にも強いので大変作りやすく、フチグサレ病やゴマ症の発生も少ない。球は胴張り・尻張り共によく、頭部もよく抱合する砲弾型で球揃いもよく収量性に優れる。球内色は鮮やかな濃黄色で外葉の濃い緑色と相まって現在の消費動向によくあい市場性が高い。圃場においても、遅くまで球内色の退色もなく、裂球も遅いので収穫期の巾も広い。適期まきで、播種後70~75日で2.5kg~3.5kgとなり一般平暖地の8月下旬~9月上旬まきで、年内を中心に1月まで収穫できる。

華黄 の栽培表

栽培表:華黄
  • 播種8月中旬~9月中旬
  • 収穫11月~2月上旬

播種

収穫

栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。

栽培表の凡例