木曽月 の特徴

  • 花蕾は盛り上がりがよく堅く締まり品質がよい。草姿立性で外葉濃緑色、強く生育し栽培容易。
  • 夏まきき年内どり。
  • 続けて秋まき冬まきも可能。
  • 夏まき年内どり、秋〜冬まきで春〜初夏どりの早生種。花蕾は盛り上がりがよく、堅く締まり、品質がよい。草姿は立性、外葉濃緑色でやや厚く丈夫、強く生育し栽培しやすい。一般平暖地では、8月上旬まきで11月下旬から12月に収穫、8月下旬〜9月中旬まきで1月からの収穫となる。また、9月中旬まきで3月上旬から収穫、11月から2月中旬まきで5月上旬〜6月上旬にかけて収穫できる。

木曽月 の栽培表

栽培表:木曽月
  • 播種8月〜9月・秋まき・冬まき
  • 収穫11月下旬〜3月・4月下旬〜6月上旬

播種

収穫

栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。

栽培表の凡例