晩緑105 の特徴

  • 晩緑100の後に収穫可能。4月中下旬どりの極晩生種。
  • 露地栽培により春ブロッコリーの初めの時期に収穫できる。
  • 草姿はコンパクトで立性に生育し頑丈で、耐寒性もあり栽培容易。
  • この時期としては濃緑色で盛り上がりよく、充実した重みのある花蕾を収穫できる。
  • 促成栽培されている春ブロッコリーの収穫初めの時期において、マルチやトンネルなどの被覆資材を必要としない通常の露地栽培による収穫を可能とする。
  • 急速に温度が上昇する時期のため、一般的には花蕾の発育・ゆるみの早さが心配されるが、比較的じっくりと花蕾が堅い状態のまま肥大する。
  • 一般平暖地では9月中下旬まきで4月中下旬の収穫となる。
  • ※収穫時期は気温が高く、花蕾の発育が早いため、収穫適期を逃さないように注意してください。

播種

9月上旬 9月中旬 9月下旬 10月上旬

収穫

4月上旬 4月中旬 4月下旬

晩緑105 の栽培表

栽培表:晩緑105

栽培表の凡例 栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。