輝黄 の特徴

  • 年内~2月どりで根こぶ病に強い黄芯系中晩生種。耐寒性に優れており、結束しやすい外葉が特長。
  • 草姿はやや立性で、葉は波打ちが少なく耐寒性を持ち、従来種より緑色良好。外葉は大きく長めで、結束時の作業性が高く、厳寒期には球頭部を良く保護することができる。球は尻張りの良い砲弾型で、良く伸びる。収穫物は新鮮感のあるつやを伴い、内部は鮮やかな黄色となる。播種後90日程度で収穫期となり、3㎏以上になる豊産種で、過湿条件等の不良環境下でも生育は旺盛。一般平暖地では9月上・中旬まきで、1月~2月どりが最適な作型です。※根こぶ病は、地域により菌種(レース)が異なる場合があり、発病することがあるかもしれません。予め御承知置き下さい。

輝黄 の栽培表

栽培表:輝黄
  • 播種8月中旬~9月中旬
  • 収穫12月~3月中旬

播種

収穫

栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。

栽培表の凡例