まなか の特徴

  • 濃緑色で収量性の高い夏期栽培に適した品種。
  • 葉色はかなり濃緑で葉柄の着色もよく、鮮度感がある。生育がじっくりした晩生品種で徐々にボリュームがでてくる。
  • 草姿は立性となり葉柄はやや太めで厚みがあるが、荷姿はすっきりと美しく整う。
  • 葉はコンパクトな丸形でさばきやすい。
  • 葉枚数が多いので収穫後のボリュームと重量があり、収量性が高い。
  • 黄萎病と白さび病に対して高いレベルの耐病性がある。高温期にも徒長しづらく、素直な形状となるため、夏期の栽培において特性を発揮する。

播種

2月下旬 3月下旬 7月上旬 10月上旬 10月下旬

収穫

4月下旬 5月中旬 8月上旬 11月下旬 12月下旬

まなか の栽培表

栽培表:まなか

栽培表の凡例 栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。