寒月 の特徴

  • 耐寒性で栽培容易な中生種。草姿立性で、芯葉で花蕾をよく包み品質極上。2月を中心に1月~3月上旬どり。
  • 草勢強く立性でかなりの密植も可能で作りやすく、花蕾は色白くよくしまった厚みのある良質球で芯葉の巻き込みが良く、花蕾をよく包むので日焼けの心配が少なく市場性の高い花蕾を収穫することができる。※3月上旬以降の収穫で気温が上昇した場合毛羽立つこともあるのであまり遅まき、遅うえはさけること。

寒月 の栽培表

栽培表:寒月
  • 播種7月下旬~8月中旬
  • 収穫12月下旬~3月上旬

播種

収穫

栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。

栽培表の凡例