玉輝155 の特徴

  • 耐寒性にすぐれ、良質・鮮緑色の冬~早春どり寒玉中晩生種。
  • 外葉濃緑色で、草勢やや大型に生育し、球は光沢のある濃い鮮緑色でよくしまり、球内色の良い腰高・扁円球となる。晩抽性で、耐寒性があり、冬期でも順次肥大し、結球後の裂球も特に遅く、収穫期間が長く出荷に有利で又、寒玉としては品質すぐれ食味も良好で市場性が高い。一般平坦地の7月下旬~8月中旬まきで、12月~3月にかけて収穫でき、又、暖地では8月中~下旬まきの2月~4月収穫にも利用できる。

玉輝155 の栽培表

栽培表:玉輝155
  • 播種8月~9月上旬
  • 収穫2月~4月

播種

収穫

栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。

栽培表の凡例