はつだより の特徴

  • サワータイプで食味・食感の良い早生キャベツ。萎黄病に抵抗性を持ち、適応性が広く栽培容易。高冷地・冷涼地の7月~9月、暖地の5月収穫。
  • 結球期の外葉はやや開性となりますが、栽培期間の前半は立性となり、良く揃って生育します。早生品種としては比較的裂球が遅くて傷みにくいので、収穫期間に幅ができます。肋はあまり目立たなくて球裏部分がよくまとまり、整いのよい球になります。高冷地・冷涼地における3月中旬からの播種による7月~10月に収穫する栽培では定植後55日~60日程度で収穫できます。

はつだより の栽培表

栽培表:はつだより
  • 播種10月中旬~11月中旬
  • 収穫5月~6月上旬

播種

収穫

栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。

栽培表の凡例