冬まどか の特徴

  • 12月~3月どりの鮮緑色で球が美しくまとまる寒玉品種。
  • ●冬どり用寒玉系品種としての耐寒性・低温肥大性を持ち、外葉は少なめでよく揃う。萎黄病に抵抗性で栽培管理や収穫作業がしやすい。
  • 光沢のある鮮緑色を持った腰高の扁円球になり、球裏部分のまとまりもよくて美しい。球内色もよくて十分に締まった重量感のある収穫物となる。
  • 一般平暖地においては、8月上旬~8月中下旬まきで12月中旬~3月にかけて収穫することができる。
  • ※寒波によりアントシアンが発生することがありますが、2月中旬頃からはアントシアンは少しずつ消え、本来の鮮やかな緑色に戻ります。

播種

8月上旬 8月中旬 8月下旬

収穫

1月上旬 1月中旬 1月下旬 2月上旬 2月中旬 2月下旬 3月上旬 3月中旬 3月下旬 4月上旬 12月中旬 12月下旬

冬まどか の栽培表

栽培表:冬まどか

栽培表の凡例 栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。