はつみらい の特徴

  • 花蕾は濃緑色で、アントシアンは発生せず形状がよい。
  • 低温期においても、花蕾の肥大性に優れる中早生種。
  • 草姿立性、コンパクトで生育の揃いがよく栽培管理がしやすい。
  • また、茎は適度な太さがあり柔らかく切りやすいため、収穫作業性がよい。
  • 花蕾は小粒で濃緑色、スムーズなドーム型で締まりもよい。
  • また、低温期でもアントシアンは発生せず、厳しい寒さが続く場合に見られる花蕾の色抜けは比較的少ない。
  • 年内から収穫することも可能だが、生育が滞りやすい低温期に収穫期を設定することで本品種の特性が発揮できる。
  • 一般平暖地では、8月中旬~下旬まきで12月上旬~2月中下旬にかけて収穫できる。
  • また、8月上旬まきで11月中旬からの収穫も可能。

播種

8月上旬 8月中旬 8月下旬 9月上旬

収穫

1月上旬 1月中旬 1月下旬 2月上旬 2月中旬 2月下旬 11月中旬 11月下旬 12月上旬 12月中旬 12月下旬

はつみらい の栽培表

栽培表:はつみらい

栽培表の凡例 栽培表は、標準的な目安としてご覧ください。